Remote Engineを手動でインストール - Cloud

Windows版Talend Cloudインストールガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
windows
Product
Talend Cloud
Module
Talend Artifact Repository
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Remote Engine
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード

手順

  1. アーカイブファイルを任意のディレクトリー(<RemoteEngineInstallationDirectory>)に抽出します。
  2. <RemoteEngineInstallationDirectory>/etc/org.talend.ipaas.rt.pairing.client.cfgファイルを編集します。

    お使いのTalend Cloudアカウントのリージョンに合わせてpairing.service.urlパラメーターを設定します:

    pairing.service.url=https://pair.<region>.cloud.talend.com

    リージョンにはお使いのTalend Cloud URLが入力され、<region>.cloud.talend.comという形式になります。たとえば、URLがhttps://us.cloud.talend.comである場合、対応するAWS米国東部の値を入力する必要があります。

    各データセンターのURLのリストはTalend CloudのリージョンとURLで確認できます。
  3. オプション: 必要であれば、Remote Engineをペアリングする前にプロキシ設定を構成します。
    手順は、Talend Remote Engineユーザーガイドを参照してください。
  4. Remote EngineをTalend Cloud Management Consoleとペアリングします。
    Remote Engineのペアリング手順は、Talend Remote Engineユーザーガイドを参照してください。