アーティファクトを管理 - Cloud

Talend Cloud Management Consoleユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Management Console
Content
デプロイメント > スケジューリング > タスクのスケジューリング
デプロイメント > デプロイ中 > タスクの実行
デプロイメント > デプロイ中 > パイプラインの実行
管理と監視 > プロジェクトの管理
管理と監視 > ユーザーの管理

公開済みのアーティファクトはすべて、[Management] (管理)ページから詳細にアクセスできます。

始める前に

アーティファクトがある環境とワークスペースに対して適切な権限を持っている必要があります。

手順

  1. [Management] (管理)ページを開きます。
  2. ページ上部の[Enrivonment] (環境)ドロップダウンリストから環境を選択します。
  3. 適切なワークスペースで[Artifacts] (アーティファクト)をクリックします。
  4. リストからアーティファクトを選択します。
    ページの左側にあるフィルターを使用し、環境、ワークスペース、アーティファクトのタイプに基づいて結果を限定することもできます。

タスクの結果

アーティファクトの最新バージョンで、[Artifact Details] (アーティファクトの詳細)ページが開きます。
このページでは次の情報を確認できます:
  • アーティファクトのスクリーンショットの説明
  • アーティファクトの利用可能なバージョン
  • アーティファクトのいずれかのバージョンを使用するタスクのリスト
  • アーティファクトの設定可能なパラメーター
  • アーティファクトのタイプ(ジョブ、ルート、データサービス、パイプライン)
  • データサービスアーティファクトのサービスタイプ(RESTまたはSOAP)
  • ルートまたはデータサービスアーティファクトのバイナリタイプ(Microserviceまたは Talend Runtime)
  • アーティファクトとStudioバージョンの互換性
  • Studioフォルダー構造内のアーティファクトへのパス
このページでは次のアクションを実行できます:
  • 同じ環境またはワークスペースの[Artifacts] (アーティファクト)ページにアクセスします。左パネルでその名前をクリックします。
  • アーティファクトのバージョンに基づいてタスクを作成
  • どのタスクでも使用されていない場合はアーティファクト(すべてのバージョン)を削除