リソースの管理 - Cloud

Talend Cloud Management Consoleユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Management Console
Content
デプロイメント > スケジューリング > タスクのスケジューリング
デプロイメント > デプロイ中 > タスクの実行
デプロイメント > デプロイ中 > パイプラインの実行
管理と監視 > プロジェクトの管理
管理と監視 > ユーザーの管理
Talend Studioアーティファクトでファイルシステムのリソースをやり取りする場合と同じく、タスクで使用するファイルやディレクトリーを保存するためのクラウドデータソースとしてTalend Cloud Management Consoleを使用できます。

統合シナリオに必要なリソース(.propertiesファイル、四半期ごとのメタデータレポート、データクオリティ操作、その他を実行するアーティファクトに役立つシノニムインデックスを含むディレクトリーなど)をアップロードできます。

注: この操作を行う場合は、アーティファクトにresource_directory_パラメーターかresource_file_パラメーターを含める必要があります。Talend Studio詳細は、Talend Cloudコンテキストパラメーターをご参照ください。
外部リソースを使用するためのルール:
  • ファイルあたりのリソース制限サイズは100MBで、許容範囲は5%です。
  • 1アカウントあたりのリソースの合計サイズは10GBです。
  • ディレクトリーは.zipアーカイブとしてインポートされます。

ワークスペースで[Author] (作成者)または[Executor] (エグゼキューター)の権限が付与されている場合は、[Resource Details] (リソースの詳細)ページで[View Tasks] (タスクの表示)をクリックして、特定のリソースをどのタスクが使用しているか確認できます。