パイプラインタスクで使われているアーティファクトのバージョンを変更 - Cloud

Talend Cloud Management Console for Pipelinesユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Management Console
Content
デプロイメント > スケジューリング > タスクのスケジューリング
デプロイメント > デプロイ中 > タスクの実行
管理と監視 > プロジェクトの管理
管理と監視 > ユーザーの管理

[Task Details] (タスクの詳細)ページで、特定タスクで使用されているアーティファクトのバージョンを変更できます。

始める前に

タスクがあるワークスペースに対して作成者権限を持っていることが必要です。

手順

  1. 編集するタスクの詳細ページへ移動します。
  2. [Configuration] (設定)パネルにマウスを重ねます。
  3. アイコンをクリックします。
  4. [Edit task] (タスクを編集)ウィザードの[Artifact] (アーティファクト)セクションで、アーティファクトのバージョンを変更します。
  5. アーティファクトの新しいバージョンでタスクのみを保存する(次の実行予定時にアップデートバージョンで実行せずに)には、[Save draft] (下書きを保存)をクリックします。
    タスクを下書きとして保存し、後で[Task Details] (タスクの詳細)ページで[Run now] (今すぐ実行)をクリックして手動で実行する場合、このタスクはアーティファクトのアップデートバージョン内で実行されます。
  6. 次の実行予定時や手動実行時にアーティファクトの新しいバージョンでタスクを実行するには、手順の最後に[Go live] (本番稼働)をクリックします。

タスクの結果

使用するアーティファクトのバージョンを変更すると、タスクのバージョン番号が上がります。