パイプラインタスクを作成 - Cloud

Talend Cloud Management Console for Pipelinesユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Management Console
Content
デプロイメント > スケジューリング > タスクのスケジューリング
デプロイメント > デプロイ中 > タスクの実行
管理と監視 > プロジェクトの管理
管理と監視 > ユーザーの管理
パイプラインタスクとは、Talend Cloud Pipeline Designerから公開されたパイプラインアーティファクトを含んでいる実行可能な統合プロセスのことをいいます。

始める前に

  • パイプラインタスクを作成するには、タスクがあるワークスペースに対する[Author] (作成者)権限が必要です。
  • Remote Engine Gen2のパイプラインタスクを実行するには、ワークスペースで[Execute] (実行)権限が付与されている必要があります。

このタスクについて

作成プロセスのどのステップにも、タスクをドラフトとして保存するオプションがあります。作成が完了していないタスクを保存すると、[Run type] (実行タイプ)[Not defined] (未定義)になります。

手順

  1. [Management] (ワークスペース管理)に移動します。
  2. 1番上のメニューから正しい環境を選択します。
  3. [Add task] (タスクを追加)をクリックします。
  4. [Pipeline] (パイプライン)アーティファクトタイプを選択します。
  5. ドロップダウンリストから実行するアーティファクトを選択します。
    アーティファクトの詳細と説明が表示されます。
  6. タスクで使用するアーティファクトのバージョンを選択します。

    アーティファクトの新しいバージョンが公開されるたびにタスクを自動更新する場合は、[Always use the latest available artifact version] (アーティファクトの最新バージョンを常に使用)を選択します。必要であれば、特定のバージョンを選択して手動で更新することもできます。

    アーティファクトの詳細と説明は自動的に更新されます。
  7. タスクのワークスペースを選択します。
  8. 新しいタスクに名前を付けます。
    デフォルトでは、作成元であるアーティファクトの名前がタスク名になります。
    注: ワークスペース内のタスクには一意名が必要です。
  9. オプション: タグをタスクに追加します。
    1. 既存のタグをドロップダウンリストから選択します。
    2. 名前を入力し、ドロップダウンリストでクリックして、新しいタグを作成します。

      例え

  10. [Continue] (続行)をクリックします。
  11. [Go Live] (本番稼働)セクションで、タスクを実行するエンジンを[Runtime] (ランタイム)ドロップダウンリストから選択します。
    • Cloud Engine for Design
    • 事前設定済みRemote Engine Gen2
  12. 実行に使用する[Run Profile] (実行プロファイル)を選択します。
  13. [Trigger type] (トリガータイプ)ドロップダウンリストから実行頻度を選択します。
    手順は、パイプラインタスクをスケジューリングを参照してください。
  14. [Go live] (本番稼働)をクリックします。

タスクの結果

これで、Talend Cloud Management Consoleでタスクを実行できます。

注: 既に実行中のタスクを実行しようとすると、実行は失敗します。Talend Cloud Management Consoleは4分ごとに実行を再試行します。デプロイメントの失敗が5回目になると、Exceeded the limit of deployment attempts: another instance of the same task was running on the engine at same time (デプロイメントの試行回数が上限を超えました: 同じタスクの別のインスタンスがエンジンで同時に実行されていました)というエラーメッセージが表示されます。その場合は、後でタスクを実行し直してみてください。