監査ログでイベントを監視 - Cloud

Talend Management Console for Pipelinesユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語
Product
Talend Cloud
Module
Talend Pipeline Designer
Content
デプロイメント > スケジューリング > タスクのスケジューリング
デプロイメント > デプロイ中 > タスクの実行
管理と監視 > プロジェクトの管理
管理と監視 > ユーザーの管理
Last publication date
2024-04-04

Talend Cloudアプリケーションでのアクティビティを監視できるよう、監査ログサービスが提供されています。このWeb APIサービスでは、社内で簡単に収集および保存できる監査ログに対して高度なセキュリティ分析を実行することで、データセキュリティの確保や規制コンプライアンスのリスク管理が実現します。

監査ログは、監査ログクエリーAPIによるセルフサービスです。ログサービスは、システム内の全ユーザーと彼らのアクションを、そのアクションのタイムスタンプと結果と共に追跡します。

監査ログの保持期間はサブスクライブしているサポートプランによって異なります。ログファイルを長期間保持する場合は、ログを定期的にダウンロードしてください。
  • ゴールド: 7日間
  • プラチナ: 14日間
  • ミッションクリティカル: 31日間
  • トライアル、または評価ライセンス使用中のサポートレベルがCommunity (コミュニティ)の場合、監査ログは31日間保持されます。
監査ログサービスが機能し始めるのはサブスクリプションの発効日のみです。その日よりも前にトリガーされたアクティビティは記録されません。

監査ログイベントの詳細は、クラウドアプリケーションで監査ログを介してイベントを監視をご覧ください。