標準実行プロファイルを作成 - Cloud

Talend Cloud Management Console for Pipelinesユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Management Console
Content
デプロイメント > スケジューリング > タスクのスケジューリング
デプロイメント > デプロイ中 > タスクの実行
管理と監視 > プロジェクトの管理
管理と監視 > ユーザーの管理

始める前に

  • Talend Cloud Pipeline Designerのオペレーターまたは管理者の権限が付与されていること。
  • Remote Engine Gen2を設定するか、自分のサブスクリプションによってCloud Engine for Designを使用できることを確認すること。手順は、Talend Remote Engine Gen2クイックスタートガイドを参照してください。

手順

  1. [Engines] (エンジン)タブに移動します。
  2. 実行プロファイルを設定するエンジンの名前をクリックします。
  3. [Engine details] (エンジンの詳細)ページで[Run profiles] (プロファイルの実行)タブをクリックします。
  4. [ADD PROFILE] (プロファイルの追加)をクリックします。
  5. 実行プロファイルを適用するエンジンを選択します。
    現在のエンジンがデフォルトで選択されます。
  6. [Standard] (標準)実行プロファイルタイプを選択します。
  7. 実行フレームワークを選択します。
    現在のところ、サポートされているのは[Spark local] (Sparkローカル)のみです。
  8. プロファイルの名前を入力します。
  9. オプション: 実行プロファイルの説明を入力します。
  10. [Basic configuration] (基本設定)セクションで、マイクロバッチ間隔の数値をミリ秒単位で入力します。
    デフォルト値は5000です。
  11. 実行プロファイルが使用できるスレッド数を入力します。
  12. オプション: [Advanced configuration] (詳細設定)セクションで[ADD PARAMETER] (パラメーターの追加)をクリックし、パラメーターを作成します。
  13. 新しい各パラメーターにパラメーターキーと値を入力します。

    例え

    エグゼキュータープロセスごとに使用するメモリの量を設定するには、パラメーターキーにspark.executor.memory、値のフィールドに16gと入力します。
  14. [SAVE] (保存)をクリックします。

タスクの結果

作成された実行プロファイルが、Talend Cloud Management Console[Engines] (エンジン) > [RUN PROFILES] (実行プロファイル)ページにリスト表示されます。Talend Cloud Pipeline Designerで、同じ実行プロファイルがパイプラインのドロップダウンリストに表示されます。