IP許可リストポリシーを設定してユーザーアクセスを制限 - Cloud

Talend Cloud Management Console for Pipelinesユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Management Console
Content
デプロイメント > スケジューリング > タスクのスケジューリング
デプロイメント > デプロイ中 > タスクの実行
管理と監視 > プロジェクトの管理
管理と監視 > ユーザーの管理

クライアントIP許可リストを作成して変更することで、Talend Cloudへのアクセスを信頼できるIPのみに限定します。

許可リストが有効になると、Talend Cloudにアクセスできるのはその許可リストのIPのみとなり、リストにないIPはブロックされます。

クライアントは、APIクライアント、Talend Cloud Management Consoleユーザー、ハイブリッドクライアントのいずれかとなります。エンジンがこのIP許可リストポリシーで影響を受けることはありません。

ハイブリッドクライアント(Talend Data StewardshipTalend Data Preparationなど)を使ってTalend Cloudに接続する場合は、オンプレミスクライントのパブリックIPをIP許可リストに追加してください。

前提条件:
  • [Users - Management] (ユーザー - 管理)権限があること。この権限があればアクセス制御から免除されるので、IP許可リストポリシーをいつでも有効にしたり無効にしたりできます。
  • テナントのライセンスレベルが[Platform] (プラットフォーム)か[Data Fabric] (データファブリック)であること。