パイプラインタスクの実行を停止 - Cloud

Talend Cloud Management Console for Pipelinesユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語
Product
Talend Cloud
Module
Talend Management Console
Content
デプロイメント > スケジューリング > タスクのスケジューリング
デプロイメント > デプロイ中 > タスクの実行
管理と監視 > プロジェクトの管理
管理と監視 > ユーザーの管理
タスクの実行を停止するには、タスクの詳細ページまたは[Edit task] (タスクを編集)ウィザードの[Schedule] (スケジュール)ステップから、トリガーをすべて削除する必要があります。

始める前に

  • タスクが存在するワークスペースで[Author] (作成者)権限を持っており、そのタスクを作成およびアップデートできること。
  • トリガーを編集または削除できるよう、[Execute] (実行)権限を持っていること。
  • タスクが存在するワークスペースで[Execute] (実行)権限を持っており、そのタスクに実行タイムアウトを設定できること。

手順

  1. [Management] (管理)ページを開きます。
  2. [Tasks] (タスク)タブに移動します。
  3. 編集するタスクをリストから選択します。
    ページ上部のファセット検索で環境、ワークスペース、タスクの種類などを選択すればリストを絞り込むことができます。
  4. [Trigger type] (トリガータイプ)エリアの下で、各トリガー名の横にあるをクリックしてトリガーを削除します。
    また、[Edit task] (タスクを編集)ウィザードの[Schedule] (スケジュール)ステップからスケジュール設定を編集してトリガーを削除することもできます。
    1. [Trigger] (トリガー)の横にあるをクリックします。
    2. [Schedule] (スケジュール)ステップに進みます。
    3. トリガー名の横にあるをクリックします。
  5. ポップアップウィンドウで削除を確認します。

タスクの結果

スケジュール設定が失われます。タスクの詳細ページで[Run now] (今すぐ実行)をクリックすると、タスクを手動で実行できます。