プランを作成 - Cloud

Talend Cloud Management Console for Pipelinesユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Management Console
Content
デプロイメント > スケジューリング > タスクのスケジューリング
デプロイメント > デプロイ中 > タスクの実行
管理と監視 > プロジェクトの管理
管理と監視 > ユーザーの管理
ジョブタスクやパイプラインタスクを作成したら、Talend Cloud Management Consoleの能力をフルに発揮できるようなプランを活用して操作をスケジュール設定します。

始める前に

  • プランにタスクを追加する前に、少なくとも1回タスクを実行する必要があります。

このタスクについて

作成プロセスのどのステップにも、プランをドラフトとして保存するオプションがあります。作成が完了していないプランを保存すると、その[Trigger type] (トリガータイプ)[Not defined] (未定義)になります。

手順

  1. [Management] (ワークスペース管理)に移動します。
  2. 1番上のメニューから目的の環境を選択します。
  3. [Add plan] (プランを追加)をクリックします。
  4. プランの作成に使用するワークスペースを指定します。
    現在のワークスペースがデフォルトで選択されます。
  5. プラン名を入力します。
    プランに説明を追加することもできます。
  6. [Continue] (続行)をクリックします。
    最初のステップがプランに追加されました。
  7. 最初のステップの名前を入力します。
  8. タスクをドロップダウンリストから追加します。

    例え

  9. 別のタスクを同時に実行する場合は、[Add task] (タスクを追加)をクリックし、リストから選択します。
  10. タスク実行の想定される結果を定義します。
    • [All succeeded] (すべて成功)
    • [At least one succeeded] (1つ以上成功)
  11. タスク実行が失敗した場合にどうなるかを指定します。
    [Add handler] (ハンドラーを追加)をクリックして、障害ハンドラーを追加します。

    障害ハンドラーはタスクでも別のプランでも結構です。

  12. オプション: 別のハンドラーを同時に実行する場合は、[Add handler] (ハンドラーを追加)をもう一度クリックします。
  13. オプション: この特定のステップからプランを再実行する場合、[Notes] (ノート)フィールドに、演算子用のどの特別な指示でも入力できます。
  14. [Add another step] (別のステップを追加)をクリックして、必要に応じて同じ手順を繰り返し、すべてのタスクがプランに含まれるようにします。
  15. [Continue] (続行)をクリックします。
    プランの作成を後で完了させる場合は、代わりに[Save draft] (下書きを保存)をクリックします。
  16. オプション: 複数のエンジン(クラスターにある2つのCloud Engine、または2つのRemote Engine)で同時にプランを実行する場合は、[Go live] (本番稼働)セクションの[Allow parallel execution of this plan] (このプランの並列実行を許可)オプションを選択します。
    この機能は、パイプラインが含まれているプランでは使用できません。
  17. [Trigger type] (トリガータイプ)ドロップダウンリストから、プランを実行する方法と頻度を選択します。
    • Manual (手動)
    • Once (1回)
    • Daily (毎日)
    • Weekly (毎週)
    • Monthly (月次)
    • Webhook
  18. [Go live] (本番稼働)をクリックします。