Talend Cloud Management Consoleとは - Cloud

Talend Cloud Management Console for Pipelinesユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Management Console
Content
デプロイメント > スケジューリング > タスクのスケジューリング
デプロイメント > デプロイ中 > タスクの実行
管理と監視 > プロジェクトの管理
管理と監視 > ユーザーの管理
このガイドでは、Talend Cloud Management Consoleにおけるタスクとプランの管理と実行、プロジェクト、ユーザーユーザーロールの管理、および実行エンジンの管理について説明します。

Talend Cloudでは、パワフルなグラフィックツール、900以上のコネクターやコンポーネントがいつでも簡単に使用でき、データベース、ビッグデータソース、オンプレミス、およびクラウドアプリケーションを接続できます。クラウドツークラウドやハイブリッドの統合ワークフローをTalend Studioでデザインし、完全に管理されたクラウドプラットフォームに公開します。

スピーディーな製品化を実現し、ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)能力に対する開発者のアジリティが高まり、Mavenプラグインのサポートがあることで、企業は、別々の環境にまたがる統合プロジェクトをデザイン、開発、テスト、デプロイできます。能率化されたDevOpsプロセスでTCOを低減します。

Talend Cloud Management ConsoleTalend Studioと併用する場合は、ライセンスに応じて、Talend Studioから公開されたジョブ、データサービス、ルートから実行可能なタスクを作成し、クラウドまたはRemote Engineで直接実行できるため、データのセキュリティが確保されます。Studioのアーティファクトのデザインと公開については、Talend Data Fabric Studioユーザーガイドを参照してください。

Talend Cloud Management ConsoleTalend Cloud Pipeline Designerと併用する場合は、Talend Cloud Pipeline Designerから公開されたパイプラインから実行可能なタスクを作成し、直接アプリケーション内で、またはRemote Engine Gen2上で実行できます。パイプラインのデザインと公開については、 Talend Cloud Pipeline Designerユーザーガイドを参照してください。

アプリケーション自体で、左側のメニューから[USERS] (ユーザー)[GROUPS] (グループ)、および[ROLES] (ロール)タブにアクセスして、すべてのユーザー管理タスクを実行できます。

[PROJECTS] (プロジェクト)タブでTalend Studioのコラボレーションプロジェクトを設定し、[ENVIRONMENTS] (環境)ページで環境を管理し、ユーザーのワークスペースアクセスを設定できます。デザインを1つの環境から別の環境にプロモートするには、[PROMOTIONS] (プロモーション)タブを使用します。

[ENGINES] (エンジン)タブで、Remote Engineとクラスター、またはパイプライン用Remote Engineと実行プロファイルを管理します。また、静的IPアドレスの設定やログのエクスポートの有効化には[CONFIGURATION] (設定)タブを使用します

タスクとプランの設定、スケジュール設定、実行、監視には、[OPERATIONS] (操作 )タブと[MANAGEMENT] (ワークスペース管理)タブを使用します

特定のタスクの作成、テスト、実行方法の完全なサンプルは、Talend Cloud入門ガイドを参照してください。

また、ヘッダーにあるアイコンをクリックして開く製品内チャットを使えば、Talend Cloud Management ConsoleからTalendエージェントに直接連絡することもできます。