APIを使ってIP許可リストを有効化せずに設定 - Cloud

Talend Cloud Management Console for Pipelinesユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Management Console
Content
デプロイメント > スケジューリング > タスクのスケジューリング
デプロイメント > デプロイ中 > タスクの実行
管理と監視 > プロジェクトの管理
管理と監視 > ユーザーの管理

/v1/management/ip-allowlistエンドポイントでPOSTメソッドを使い、自分のIPでIP許可リストを設定して、そのリストを非アクティブにします。

この例では、Talend API Testerを使ってAPIクエリーを発行します。Talend API Testerの詳細は、Talend Cloud API Testerユーザーガイドをご覧ください。

他の利用できるエンドポイントの情報が必要な場合は、IP許可リストAPIエンドポイントに関する次のセクションをご覧ください。

手順

  1. パーソナルアクセストークンがまだない場合は、[Users] (ユーザー)タブで自分のアカウント用にパーソナルアクセストークンを生成します。
    1. 右上にある自分のユーザー名をクリックします。
    2. [Profile preferences] (プロファイル環境設定) > [Personal acess tokens] (パーソナルアクセストークン) > [Add token] (トークンを追加)をクリックします。
    3. トークン名を付けて[Generate] (生成)をクリックします。
  2. ブラウザーでTalend API Testerを開き、[Method] (メソッド) リストでPOSTを選択します。
  3. [Method] (メソッド)ドロップダウンリストの横にあるフィールドに、使用するIP許可リストのエンドポイントをhttps://api.<your_environment>.cloud.talend.com/v1/management/ip-allowlistとして入力します。
    <your_environment>の部分には次のいずれかが入ります。
    • ap
    • eu
    • us
    • us-west
    • au
    • at (Early Adopter Programでこの機能を使用している場合)

    利用できる環境の詳細は、Talend CloudのリージョンとURLをご覧ください。

  4. [HEADERS] (ヘッダー)エリアで[Add header] (ヘッダーを追加)をクリックし、表示される[name] (名前)フィールドにAuthorizationを、[value] (値)フィールドにBearerとパーソナルアクセストークンをそれぞれ入力します。Bearerとパーソナルアクセストークンは空白で区切ります。
  5. [Body] (ボディ)エリアには以下のIPを入力します。

    {
      "description": "description_of_your_IP_allowlist",
      "enabled": false,
      "ips": [
        {
          "description": "description_of_your_IP",
          "ip": "XXX.XX.XXX.XXX"
        }
      ]
    }
  6. [Send] (送信)をクリックしてリクエストを送信します。

タスクの結果

ステータスコード201が返され、自分のIPが記載された状態でIP許可リストが設定されます。ただし、enabledパラメーターがクエリーでfalseに設定されているため、許可リストは有効になっていません。