コンシューマーの作成 - Cloud

Talend Cloudマイクロゲートウェイクイックスタートガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Management Console

Talend Management Consoleでは、コンシューマーを定義して管理APIへのアクセスを承認済みユーザーのみに制限し、それによってデータの漏洩を防ぎます。コンシューマーとは、特定エンジンのAPIにアクセスできるユーザーやアプリケーションのグループのことです。

このタスクについて

各コンシューマーに対し、適切なエンジンごとにアクセスを付与する必要があります。この制限によって、誤ってコンシューマーに不正アクセスを付与してしまうリスクを低減できます。

手順

  1. Talend Management Consoleで、[Microgateway] (マイクロゲートウェイ)ページを開きます。
  2. [Consumers] (コンシューマー)[Add consumer] (コンシューマーの追加)の順にクリックします。
  3. 名前を入力して[Save] (保存)をクリックします。
  4. このコンシューマーにキーを1つまたは複数生成します。生成したキーはそれぞれ、1エンジンのAPIへのアクセスに使用できます。
  5. 新しいキーに関連付けるエンジンを選択します。
  6. [Generate] (生成)をクリックします。

タスクの結果

ユーザーは、関連付けられたエンジンの制限付きAPIにこのコンシューマーがアクセスできるよう定義されたキーを使用できます。

キーを削除すれば、ユーザーが管理APIの呼び出しに使えなくなるようになります。

次のタスク

コンシューマーを使い、管理APIのAPI認証を設定します。