フィールド選択に関する追加情報 - Cloud

Talend Cloud Pipeline Designerプロセッサーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Pipeline Designer
Content
ジョブデザインと開発 > パイプラインのデザイン

[Field selector] (フィールドセレクター)プロセッサーによってフィールドを選択する方法としては、[Simple] (シンプル)モードを使うか[Advanced] (詳細)モードを使うかの2つがあります。

別のノードに切り替えると、切り替える前に変更を保存しなかった場合、選択が失われることがあります。

[Simple] (シンプル)選択モード

[Simple] (シンプル)選択モードを使用すると、ウィンドウが開き、ツリービューに入力フィールドがすべて表示されます。保持しておくフィールドはここですべて選択しできるほか、名前も変更できます。

入力スキーマが複雑な場合は、複数のフィールドを一度に選択し、たとえばレコードごとに複数の配列または多数のフィールドを選択するようにすると、最も簡単です。

詳細選択モード

[Advanced] (詳細)選択モードを使用する場合は、保持しておく入力フィールドをすべて1つずつ手動で入力または選択する必要があります。

このモードでは、スキーマ内で選択したフィールドの名前を変更して移動することもできます。選択するフィールドの数が限られている場合は、これを使用することをお勧めします。

この例では、4つのフィールドが選択され、名前を変更されています。
これらのフィールドを選択して名前を変更すれば、入力スキーマ(配列あり)と出力スキーマ(フラットデータ)との違いをプロセッサーのプレビューで確認できます。