リードのリストで名と姓を連結 - Cloud

Talend Cloud Pipeline Designerプロセッサーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Pipeline Designer
Content
ジョブデザインと開発 > パイプラインのデザイン

始める前に

  • ソースデータを保管するシステムへの接続が作成済みであること。

    ここでは、テスト接続を使用します。

  • ソースデータを保管するデータセットが追加済みであること。

    ここでは、名、姓、都市、州で構成されているUSリードのリストを含むデータセットです(このページの左パネルにある[Downloads] (ダウンロード)タブからconcatenate_us_leads.csvファイルをダウンロードします)。

  • 接続および処理済みデータを保管する関連データセットも作成済みであること。

    ここでは、同じテスト接続に保管されたデータセットです。

手順

  1. [Pipelines] (パイプライン)ページで[Add pipeline] (パイプラインを追加)をクリックします。新しいパイプラインが開きます。
  2. パイプラインに意味のある名前を付けます。

    例え

    Concatenate first and last names in a list of leads
  3. [ADD SOURCE] (ソースの追加)をクリックすると、ソースデータ(ここではUSリードに関するデータ)を選択できるパネルが開きます。

    例え

  4. データセットを選択し、[Select] (選択)をクリックしてパイプラインに追加します。
    必要であれば名前を変更します。
  5. をクリックし、パイプラインに[Field concatenator] (フィールド連結子)プロセッサーを追加します。設定パネルが開きます。
  6. プロセッサーに意味のある名前を付けます。

    例え

    concatenate first/last names
  7. [Configuration] (設定)エリアで以下の操作を行います。
    1. [Function name] (機能名)リストで[Concatenate with value/another field] (値/別のフィールドと連結)を選択します。
    2. [Field to process] (処理するフィールド)リストで.firstnameを選択します。このフィールドを別のフィールドと連結するためです。
    3. [Create new column] (新しいカラムを作成)オプションを有効にして、[Rename new column] (新しいカラムの名前を変更)フィールドにfullnameと入力します。結合操作の結果を含む新しい出力カラムを作成するためです。
    4. [Use with] (併用)リストから[Other column] (その他のカラム)を、[Column] (カラム)リストから.lastnameを選択します。.firstnameフィールドを.lastnameフィールドと連結するためです。
    5. [Separator] (区切り記号)フィールドにスペースを入力します。ファーストネームとラストネームを結合した時に、区切り記号にスペースを使用するためです。
  8. [Save] (保存)をクリックして設定を保存します。

    プロセッサーのプレビューに注目し、操作前のデータと結合後のデータを比較します。

    これで、ファーストネームとラストネームがすべて、スペースを区切り記号として結合されました。

  9. [ADD DESTINATION] (デスティネーションの追加)アイテムをクリックし、処理済みデータを保存するデータセットを選択します。
    必要であれば名前を変更します。
  10. Talend Cloud Pipeline Designerの上部のツールバーで、リストから実行プロファイルを選択します(詳細は実行プロファイルを参照してください)。
  11. 実行アイコンをクリックしてパイプラインを実行します。

タスクの結果

パイプラインは実行中となり、記述した条件に基づいてデータが連結され、指定したターゲットシステムに出力が送られます。