Data Shaping Languageのプロパティ - Cloud

Talend Cloud Pipeline Designerプロセッサーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Pipeline Designer
Content
ジョブデザインと開発 > パイプラインのデザイン
クエリーを使ってレコードを処理できるように設定するプロパティです。

プロパティ

設定

設定 Data Shaping Language

このブロックにクエリーを入力します。ボタンをクリックするとエディターが別のダイアログボックスで開きます。

エディターにはコードの説明に役立つ以下のような機能があります。
  • 入力時のオートコンプリート(式、レコード値の場合など)
  • 切り取り、コピー、貼り付け
  • 変数とクエリー言語構文。

クエリー言語構文の詳細は、Data Shaping Languageリファレンスガイドを参照してください。

[Info] (情報) [Description] (説明) - オプション

プロセッサーの説明を入力します。

プロセッサー名を変更する場合は、該当するプロセッサーのデフォルト名の横にある[Edit] (編集)アイコンをクリックします。