数値関数のリスト - Cloud

Talend Cloud Pipeline Designerプロセッサーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Pipeline Designer
task
ジョブデザインと開発 > パイプラインのデザイン

次のテーブルは、[Numbers] (数値)プロセッサーを使ってデータに適用できる関数のリストです。

Name 説明
[Compare numbers] (数値を比較) このフィールドを別のフィールドまたは定数と比較します
[Format numbers] (数値をフォーマット) 数値(小数点、整数、指数)を特定の形式やパターンでフォーマットすることを許可します。
[Generate sequence] (シーケンスを生成) 選択したステップでフィールドに正または負の整数のシーケンスを作成します
[Remove fractional part] (端数部分を削除) 値をゼロに近付けるように丸めます。(3.74 -> 3、-3.74 -> -3)
[Remove negative values] (負の値を削除) 負の整数または10進数の値を空の値に置換します。
[Round value using ceil mode] (シールモードを使って値を丸める) 設定した精度に応じて値を最も近い数に丸めます。([Precision] (精度)0に設定されている場合は3.14 -> 4になり、[Precision] (精度)1に設定されている場合は3.14 -> 3.2になります。)
[Round value using down mode] (切り捨てモードを使って値を丸める) 値をゼロに近付けるように丸めます。([Precision] (精度)0に設定されている場合は3.74 -> 3、-3.74 -> -3となります。)
[Round value using floor mode] (フロアモードを使って値を丸める) 設定した精度に応じて値を最も近い数に切り捨てます。([Precision] (精度)0に設定されている場合は3.74 -> 3になり、[Precision] (精度)1に設定されている場合は3.74 -> 3.7となります。)
[Round value using halfUp mode] (四捨五入モードを使って値を丸める) 設定した精度に応じて、値を最も近い数に四捨五入します。([Precision] (精度)0に設定されている場合は3.14 -> 3、3.74 -> 4となります。)