Windowのプロパティ - Cloud

Talend Cloud Pipeline Designerプロセッサーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Pipeline Designer
task
ジョブデザインと開発 > パイプラインのデザイン

Windowプロセッサーを使用し、間隔に基づいてストリーミングデータをマイクロバッチに分割するプロパティです。

WindowプロセッサーにはAggregateプロセッサーが続く必要があります。

プロパティ

設定

設定 [Window duration (ms)] (ウィンドウ継続時間(ミリ秒))

ストリーミングデータを取り込む時間をミリ秒単位で入力します。

[Sliding duration (ms)] (スライディング継続時間(ミリ秒))

ウィンドウを閉じてから新しいウィンドウを開くまでの間の経過時間をミリ秒単位で入力します。

[Use Window session] (ウィンドウセッションの使用)

このトグルをアクティブにすると、これらのウィンドウのサイズが予測不能になり、ウィンドウギャップの継続時間が最小のギャップ期間になるため、[Sliding duration] (スライディングデュレーション)プロパティは非表示になります。

つまり、データは入力される限りメモリに保存され、一時停止すると、新しいウィンドウが開始する時にマイクロバッチが出力内に送られます。

[Info] (情報) [Description] (説明) - オプション

プロセッサーの説明を入力します。

プロセッサー名を変更する場合は、該当するプロセッサーのデフォルト名の横にある[Edit] (編集)アイコンをクリックします。