データセットのプロパティ - Cloud

Talend Cloud Pipeline Designerユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Pipeline Designer
Content
ジョブデザインと開発 > パイプラインのデザイン
デプロイメント > デプロイ中 > パイプラインの実行
データガバナンス > データのフィルタリング
データクオリティとプレパレーション > データのフィルタリング
データクオリティとプレパレーション > データセットの管理
管理と監視 > ログの監視
管理と監視 > 実行の監視

データセットの定義とプロパティはデータセットのプロパティパネルでいつでもチェックできます。

注: この機能は、Talend Cloud Data Inventoryがアカウントで有効になった時にTalend Cloud Pipeline DesignerTalend Cloud Data Preparationのユーザーが利用できるようになります。

データセットのプロパティには、以下の場所からアクセスできます。

  • データセットリストから:
  • データセット詳細ビューから:

このページでは、データセットの作成中に入力されて更新を必要としているフィールドを直接チェックしたり、変更したりできます。

フォームで使用できるプロパティはデータセットのタイプによって異なり、たとえば次のようなものが含まれることがあります。

  • データセットの名前
  • テストデータセットの入力
  • レコードとフィールド区切り記号、囲み文字およびエスケープ文字、CSVファイルのエンコーディング
  • データベースデータセットのテーブルとクエリー
  • Salesforceのモジュール、カラム、条件
  • HDFS URL

[View sample] (サンプルの表示)ボタンをクリックすれば、サンプルを検証して生成する前に新しいサンプルのレコードをいくつかプレビューできます。