Talend Cloud Management Consoleへのパイプラインの公開 - Cloud

Talend Cloud Pipeline Designerユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Pipeline Designer
task
ジョブデザインと開発 > パイプラインのデザイン
デプロイメント > デプロイ中 > パイプラインの実行
データガバナンス > データのフィルタリング
データクオリティとプレパレーション > データのフィルタリング
データクオリティとプレパレーション > データセットの管理
管理と監視 > ログの監視
管理と監視 > 実行の監視

始める前に

  • Talend Cloud Management Console[Operator] (オペレーター)ロールを持っていること。
  • 前にパイプラインを作成したことがあること。
  • ソースデータセットの背後にあるエンジンを利用できます。
  • パイプラインは完全かつ有効、つまりエラーなしで実行できます。
    警告: バッチパイプラインの公開のみ可能です。ストリーミングパイプラインの公開はサポートされていません。

手順

  1. [Pipelines] (パイプライン)ページで作成したパイプラインをクリックしてデザイナーで開きます。
  2. 上のツールバーの実行アイコンをクリックして、パイプラインを公開します。
  3. [Publish new artifact] (新しいアーティファクトの公開)ウィンドウで:
    1. 必要に応じて公開バージョンを変更します。
    2. パイプラインアーティファクトを公開したい環境を選択します。
      利用できる環境のリストはアクセスできる環境によります。
    3. パイプラインアーティファクトを公開したいワークスペースを選択します。
      利用できるワークスペースのリストは以前に選択された環境、アクセスするワークスペースによります。
    4. [PUBLISH] (公開)をクリックします。

タスクの結果

パイプラインがTalend Cloud Management Consoleで正しく公開されたかどうか、またはエラーが発生したかどうかを示す確認メッセージが表示されます。

次のタスク

パイプラインが公開されたら、Talend Cloud Management Consoleアプリケーションに切り替え、通知メッセージの [Artifact details] (アーティファクトの詳細)リンクをクリックして、このパイプラインアーティファクトに基づいてタスクを作成します。