パイプラインの共有 - Cloud

Talend Cloud Pipeline Designerユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Pipeline Designer
task
ジョブデザインと開発 > パイプラインのデザイン
デプロイメント > デプロイ中 > パイプラインの実行
データガバナンス > データのフィルタリング
データクオリティとプレパレーション > データのフィルタリング
データクオリティとプレパレーション > データセットの管理
管理と監視 > ログの監視
管理と監視 > 実行の監視

パイプラインは、Talend Management Console[Share pipeline] (パイプラインの共有)権限を与えられているユーザーの間で共有できます。これにより、パイプラインのオーナーは他のユーザーの共有パイプラインに対するアクセスレベルの制御が可能です。

3種類の共有ステータスがあります。
  • : パイプラインはまだ共有されていません。
  • : パイプラインはオーナーである他のユーザーと共有されています。
  • : パイプラインはエディターであるあなたと共有されています。
パイプラインを共有する場合、パイプラインを共有するユーザーに特定の権限を付与できます。以下の権限を付与できます:
  • [Owner] (オーナー): パイプラインを表示、編集、削除、共有でき、パイプラインに関連付けられたデータセットと接続を表示できます。
  • [Editor] (エディター): パイプラインを表示、編集、共有でき、パイプラインに関連付けられたデータセットと接続を表示できます。

パイプラインを共有する場合、動作は以下のようになります。

  • パイプラインを共有すると、関連付けられたデータセットと接続も共有されます。ユーザーAがユーザーBとパイプラインを共有した場合、ユーザーBはパイプラインに関連付けられたデータセットと接続に対する読み取り専用アクセス(ビューアーロール)を自動的に取得します。
  • パイプラインの共有を解除すると、データセットと接続も共有が解除されます。ユーザーAがこのパイプラインの共有を解除した場合、ユーザーBの環境でデータセットと接続が使えなくなります。
  • パイプラインを共有する場合、他のユーザーに共有できる権限は、自分が持っている権限の範囲に限られます。ユーザーAがエディターロールを持っているパイプラインをユーザーBに共有する場合、共有できるのはエディターロールのみで、オーナーロールは共有できません。

手順

  1. [Pipelines] (パイプライン)ページに移動します。
  2. 共有アイコンをクリックして設定ウィンドウを開きます。
  3. パイプラインを共有するには、次の手順に従います。
    1. 1人のユーザーまたは1組のユーザグループを使用する場合、左パネルでグループ名または個人名を選択し、名前の上にマウスを置いた時に表示される+アイコンをクリックしてこのユーザーを共同作業者として追加します。
    2. 複数のユーザーまたは複数のユーザーグループを同時に使用する場合: 左パネルでCtrl + クリック、またはShift + クリックでグループまたはユーザーを選択し、[ADD AS...] (...として追加)リストで共同エディターとして追加するロールを選択します。
    ユーザーグループは以前Talend Management Consoleで作成されています。
  4. パイプラインの共同エディター権限を変更するには、名前の横にあるリストで適切なアクセスレベルを選択します。
  5. 共同エディターのリストからユーザーを削除するには、名前でマウスオーバーした際に表示される赤い十字アイコンをクリックします。
  6. [SHARE] (共有)をクリックして変更内容を反映し、設定ウィンドウを閉じます。

タスクの結果

選択したユーザーまたはユーザーグループがコントリビューターのリストに追加され、[Pipelines] (パイプライン)ページでこちらのパイプラインを表示できるようになっています。

パイプラインの共有ステータスが[pipeline shared with other user(s)] (他のユーザーと共有しているパイプライン)に変わります。