Talend Remote Engineを使って作業 - Cloud

Linux版Talend Remote Engineユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
linux
Product
Talend Cloud
Module
Talend Remote Engine
Content
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発

Remote Engineによって、オンプレミスのアプリケーションおよびデータベースを使用するタスクを実行できます。

データがステージングされないため、Talend Cloud Management ConsoleとRemote Engine間のアウトバウンド通信は完全に保護されます。

データサービスとルートタスクはRemote Engineにのみデプロイできます。

ローカルからクラウド/クラウドからローカルへのデータ転送

ローカルファイル(新しい顧客のリストを含むExcelまたはCSVファイルなど)をクラウドアプリケーション(Marketoなど)にアップロードします。この場合、Remote Engineはデータセンター内にあり、必要なリソースにアクセスできます(ローカルファイルシステム、データベース、その他)。また、データはTalend Cloud Management Consoleを経ることなく宛先のクラウドアプリケーション(MarketoまたはSalesforce)に直接届きます。これは、通信がアウトバウンドのみであるためです。

ローカルからローカルへのデータ転送

ローカルファイル(新しい顧客のリストを含むExcelまたはCSVファイルなど)をローカルアプリケーション(ローカルSAPシステムなど)にアップロードします。

顧客のクラウドからSaaSクラウドへのデータ転送

クラウドベースのSaaSアプリケーション(Salesforceなど)を、最新のMap/Reduceの結果(HiveやHBase Queryなどを使用)や、別のクラウドアプリケーション(AmazonやGoogle Cloudなど)に保存されている情報でアップデートします。この場合、ローカルの社内ネットワークとは関係なく、Talend Cloud Management Consoleでは一部のメタデータのみ受け取ります。

インストール

runというインストーラーファイルを使うか、tar.gzアーカイブ内に、Talend Remote EngineTalend Cloudポータルからダウンロードできます。

インストール手順は、Talend Cloudインストールガイドを参照してください。

Talend Remote Engineのサポートされているバージョンは、Talend Support Statementsからアクセスできます。