アーティファクトの実行をスケジューリングする前に - Cloud

クラウドのTalendソフトウェア開発ライフサイクル - ベストプラクティスガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Artifact Repository
Talend Management Console
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視
自動アーティファクト実行およびデプロイのスケジューリングを開始する前に、前提条件をいくつか確認する必要があります。
  • 継続的インテグレーションサーバー/サービスが適切に設定されていること(ここではJenkinsまたはAzure DevOps)。詳細は、JenkinsのWebサイトAzure DevOpsのWebサイトを参照してください。
  • ここまでで、Gitプロジェクトで自動的に実行するテストケースを作成しました。詳細は、テストのデザインを参照してください。

    注: プロジェクトをビルドしてデプロイする時はテストケースがJUnitファイルとして生成され、Mavenの[packaging] (パッケージング)フェーズの前にビルドされます。
  • ジョブの実行に必要なNexusに保存されている外部ライブラリーがこのプロジェクトに適切にインストールされており、Nexusインスタンスが開始されていること。

  • DockerイメージをDockerレジストリーにプッシュできるよう、Docker環境をインストールし、設定済みであること。詳細は、DockerのWebサイトを参照してください。DockerコンテナーレジストリーはAzure内にインストールできます。
  • Jenkinsを使用する場合は、Apache Maven 3以上のバージョンがサーバーにインストールされていることの確認も必要です。詳細は、Apache MavenのWebサイトを参照してください。

警告: 次の前提条件は、P2更新サイトアーカイブ(Talendから提供)を有するユーザーのみが対象です。
ビルド時にTalend CommandLineが自動的にダウンロードされるようにするには、Talendから提供されるアーカイブをローカルのhttpサーバーでホストする必要があります。たとえば次の操作が可能です。
  • TomcatのwebappフォルダーにTalend_Full_Studio_p2_repository--YYYYYYYY_YYYY-VA.B.C.zipアーカイブを抽出し、名前をP2に変更する。
  • Tomcatを起動する。
  • ビルド時に-Dupdatesite.pathパラメーターを定義する際、http://localhost:8080/P2/をポイントする。WebブラウザーのIPが自分のマシンのIPと異なる場合は、<localhost>をWebサーバーのIPアドレスまたはホスト名で置き換えます。<8080>も、使用するTomcatポートのWebアプリケーションパスで置き換えます。

まとめると、必要なアプリケーションは次のようになります: 継続的インテグレーションサーバーまたはサービス(ここではAzureやJenkins)、Git、アーティファクトリポジトリー(Nexus、Artifactory)、Docker、P2更新サイトをホストするサーバー(Talend CommandLine、および自分のアーティファクトのビルドに必要なその他のプラグインを格納)。