ビルドとデプロイ - Cloud

クラウド版Talendソフトウェア開発ライフサイクル - ベストプラクティスガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Artifact Repository
Talend Management Console
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視
Talendでは、プロジェクトアーティファクトをTalend Cloudまたはアーティファクトリポジトリー(Nexus、Artifactory)に公開し、その実行をスケジュール設定する方法をいくつか提供しており、ニーズに最適な方法を選ぶことができます。
  • 推奨: 外部の継続的インテグレーションツールをお使いください。

    注: Azure DevOpsやJenkins以外のサードパーティによる継続的インテグレーションツールも使用できます。ただし、Talendはこれら2つのセクションに記載されているAzure DevOpsとJenkinsの設定とパイプラインスクリプトのサンプル限定しており、サードパーティによる継続的インテグレーションツールの使用はTalendのサポート対象外となっています。
  • 代替手段:Talend Studio[Publishto Cloud] (クラウドに公開)オプションか、Talend CommandLineを使います。詳細は、Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

継続的インテグレーション環境では、コミットごとにテストを実施することが共通のプラクティスです。デフォルトでは、アーティファクトを保存するたびに新しいコミットが作成されます(GITコミットモード)。

以下のシナリオでは、Talend CommandLineおよびTalend Mavenプラグインを使用してテストの実行を自動化し、ソースを生成する2つの手法を紹介します。また、ビルドパイプラインを使用してすべてのプロジェクトアーティファクトの実行を自動化し、Talend Cloud Publisherを使用してTalend Cloudに、またはアーティファクトリポジトリーやDockerコンテナーに公開するCIサーバー(AzureおよびJenkins)についても紹介します。

Talend Dockerイメージを主なクラウドプロバイダーのコンテナーレジストリー(AWS、Azure、Google Cloud)に公開する方法については、この記事をご覧ください。

Talend Continuous IntegrationはMavenに準拠しています。これは、Talend Mavenコマンドを継続的インテグレーションサーバー(JenkinsやBambooなど)の安定したバージョンで使用できるという意味です。

自分の継続的インテグレーションサーバーを使ってアーティファクトの実行と公開をスケジュールする場合、Talendでは、Talend CI BuilderTalend Cloud Publisher Mavenのプラグインを提供することでその操作が可能になります。

Talend CI Builderは、Talendが提供しているMavenのプラグインで、Talendのアプリケーションを使用してTalend CommandLineのジョブソースをJavaクラスに変換します。これにより、テストを自社のJavaファクトリーで実行できます。お使いのTalend Cloudアカウントの[Downloads] (ダウンロード)ページにある[Continuous Integration (CI) for cloud] (クラウドの継続的インテグレーション(CI))セクションからダウンロードできます。

Talend Cloud PublisherはTalendが提供するMavenのプラグインで、作成したジョブをTalend StudioからTalend Cloudに直接公開できます。-Pcloud-publisherプロファイルパラメーターをお使いのCIビルドに追加すれば有効化されます。

バージョン7.1.以降ではTalend MavenのプラグインがTalend StudioローカルのMavenリポジトリーに組み込まれており、最初のTalend Studioスタートアップでインストールされるため、別途にインストールする必要がありません。

バージョン7.2以降では、ビルド中にTalend CommandLineTalendアップデートサイトから自動的にダウンロードおよびインストールされ、プロジェクトアーティファクトを生成して実行します。

バージョン8.0より、Talend CommandLineはデフォルトでは提供されないようになりました。Talend Studioでは、提供されているスクリプト(Windows版はcommandline_upgrade.bat、Linux版はcommandline-linux_upgrade.sh)を使って新規または既存のTalend StudioをアップグレードすればTalend CommandLineをインストールできます。

Talendが提供するTalend Studio 8.0月次アップデートをインストールすると、Talend CI Builderがアップグレードされることがあります。Talend CI Builderのバージョンは、CIコマンドやパイプラインスクリプトのTalend Studioのバージョンと互換性のあるものを使用するようにしてください。使用するTalend CI Builderの正確なバージョンを知るためは、使用しているTalend Studio月次アップデートに対応する変更ログを参照してください。Talend Studioの各変更ログのアップデートURLに関する詳細は、Cloudリリースノートをご覧ください。

注: バージョン7.3.10、およびバージョン8.0.4以降、Talend CI Builderは公式のTalendリポジトリーで利用できます。

Talend CI Builder の使用中にorg.talend.ci:builder-maven-plugin:jar:8.x.xアーティファクトがダウンロードされていないという例外が発生しており、

  • Nexusを使用している場合は、Talend Studioのプロジェクトにログインすることで新しいバージョンを自動的にデプロイできます。
  • Nexusを使用していない場合は、ターゲットのMavenリポジトリーに新しいバージョンを手動でインストールできます。