QA環境および本番環境へのデプロイ - Cloud

クラウドのTalendソフトウェア開発ライフサイクル - ベストプラクティスガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Artifact Repository
Talend Management Console
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視
Talend Cloudでは、アーティファクトを別の環境に渡すために必要な唯一のツールがTalend Cloud Public APIです。

Talend Cloudでは、環境とは、他の環境に影響を与えずに、フローを単独で実行できるようにする必要なリソース(接続、エンジンなど)を備えた自己完結型のスペースをいいます。したがって、QA環境での実行は、本番環境の実行に影響してはなりません。

Talendでは、Talend Cloud Management ConsoleまたはTalend Cloud Public APIを使用してプロモーションパイプラインを作成できます。これらのパイプラインは、クラウドアーティファクトをソース環境からターゲット環境にプロモートします。Talend Cloud APIの詳細は、Talend Cloud Management Consoleユーザーガイドを参照してください。

ベストプラクティス: 機能のリリース後やバグの修正後は、GITのブランチやタグを使ってステータスの変更を記録することがベストプラクティスです。SVNのブランチやタグは、特定の時点で製品の特定のバージョンを識別するため(開発、テスト、検証された機能など)、および機能を動作させる目的で使われる環境を識別するため(CommandLine/ジョブバージョン、プロジェクトプロパティなど)に使用されます。