応用の操作: 変更されたアーティファクトのみビルドするようAzureパイプラインを設定 - Cloud

クラウドのTalendソフトウェア開発ライフサイクル - ベストプラクティスガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Artifact Repository
Talend Management Console
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視

さらに進んで、より効率的なCIプロセスを実装する場合は、ビルドの最後の反復以降に変更されたアーティファクト(ジョブ、ルートなど)のみビルドすることもできます。

そのためには、APIを使い、最後のGitプッシュのコミットのリストであるAzure DevOps API: Builds - Get Build Changesを報告する必要があります。

始める前に

Talendヘルプセンターのこのページにある[Downloads] (ダウンロード)タブで、azure-pipeline-build_changes.ymlスクリプトファイルを取得します。

このスクリプトは、前回のビルドから変更されたジョブアーティファクトのビルド例です。

手順

  1. [Pipelines] (パイプライン) > [Builds] (ビルド)に進みます。
  2. [New pipeline] (新しいパイプライン)をクリックします。
  3. [Connect] (接続)ステップと[Select] (選択)ステップで、ソースリポジトリーのタイプを選択し、インポートするリポジトリーを選択した後に、Azureへアクセス権を与えます。
  4. [Configure] (設定)ステップで、パイプラインのステップを設定できるよう[Starter pipeline]を選択します。
  5. [Review] (レビュー)ステップで、以前ダウンロードしたazure-pipeline-build_changes.ymlファイルのコンテンツを貼り付けます。