環境の実装 - Cloud

クラウドのTalendソフトウェア開発ライフサイクル - ベストプラクティスガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Artifact Repository
Talend Management Console
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視
次の図は、Talendのツールを使用し、自身のJavaファブリック内に統合する方法を示しています。これにより、統合が迅速に実行でき、ソフトウェアのライフサイクルの最初から最後まで、プロジェクトの品質を保つことができます。
図に示す継続的インテグレーションとデプロイプロセスの主な段階は、以下のとおりです。
  • 1および2 (Git): バージョンとバージョン管理

    コミット: 開発者がTalend Studioでジョブ、ルート、サービス、テストをデザインし、Gitにコミットします。

    ソースのチェックアウト: Gitは継続的インテグレーションサーバーにリンクされています。このサーバーは、アーティファクトとテストソースを.itemと.propertiesというファイル形式で、およびCommandLineによって事前生成される対応のpom.xmlファイルをチェックアウトします。

  • 3から6 (外部Javaファクトリ内): Mavenビルド、継続的インテグレーション、およびデプロイ

    ソースの生成:TalendCI BuilderとTalend CommandLineのツールがGitソースを生成し、使用する継続的インテグレーションサーバー(Jenkinsなど)に渡します。

    ソースのコンパイル: 自動化ビルドがサーバーで起動してソースをコンパイルします(Javaクラスに変換)。

    testing テスト: 自動化ビルドサーバーで起動してテストを実行します。また、サーバーダッシュボードを使用して、パッケージングの前にコードの品質を監視し、監査できます。

    パッケージングとパブリッシング: テストが実行され、バグが修正されたら、アイテムがパッケージ化され、TalendCloud Publisherを使用してTalend Cloud Management Console上に、アーティファクトリポジトリー内に.zipファイルの形式で、またはDockerコンテナー内にDockerイメージとして公開されます。

    バージョン管理されたリリース候補が本番環境にデプロイされます。

継続的インテグレーションとデプロイにより、本番環境への迅速、効果的で、自動化され、安全なデプロイが確実なものとなります。