保守 - Cloud

クラウドのTalendソフトウェア開発ライフサイクル - ベストプラクティスガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Artifact Repository
Talend Management Console
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視

製品や機能が稼働した後も、パフォーマンスの改善、新しい要件への対応、発見されたエラーの修正のため、開発者は製品や機能の更新を行う必要があります。

バージョン管理とGitソフトウェアフィーチャーにより、出荷後も製品やフィーチャーを編集できます。

ベストプラクティス: ソフトウェアを保守するには、バージョン管理とGITフィーチャーだけでなく、読みやすいソースコードとフィーチャーおよび製品を説明するドキュメンテーションを揃えるほか、回帰テストを実行することをお勧めします。