Azure DevOpsパイプラインの実行 - Cloud

クラウドのTalendソフトウェア開発ライフサイクル - ベストプラクティスガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Artifact Repository
Talend Management Console
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視

初めてazure-pipelines.yml設定を作成する場合、パイプラインは変更の保存時に自動的にビルドされます。

この操作は、手動で実行することも、プロジェクトに行われた変更に基づいてビルドをトリガーさせることもできます。デフォルトでは、Talendから提供されるスクリプトにはビルドトリガーがありませんが、たとえば自分のプロジェクトのマスターブランチにコミットがなされるたびにビルドを自動的にトリガーさせたい場合は、トリガーパラメーター値をmasterに変更します。

手順

  1. [Pipelines] (パイプライン) > [Builds] (ビルド)に進みます。
  2. 同じパラメーターで別のビルドをキューに入れる場合は[Queue] (キュー)を、azure-pipelines.ymlを更新する場合は[Edit] (編集)をそれぞれクリックし、ビルドを実行して変更を有効にします。

タスクの結果

パイプラインが正しく実行されると、各ステップの詳細が表示されます。

パイプラインが起動し、プロジェクトは定義済みのMavenフェーズに従って処理されます。ベストプラクティスは、[deploy] (デプロイ)フェーズを使用してソースコードを生成し、コンパイルしてテストし、パッケージ化してから、パッケージを展開することです。

結果は以下の場所に表示されます。

  • Azure DevOpsパイプラインの詳細ビュー内: 結果の詳細はログに表示されます。[Maven]ステップをクリックしてください。
    test_feature903という名前のテストの実行に成功した例:
  • Talend Cloud Management Consoleアプリケーション内:Prod環境のCIワークスペースに公開されたジョブおよびルートアーティファクトの例。
  • Nexus WebアプリケーションまたはArtifactory内:org.talend.cicdグループIDの[releases] (リリース)リポジトリーにデプロイされているバージョン0.1.0のジョブとサービスのアーティファクトの例:
  • Dockerレジストリ内:CIRegistryと呼ばれるAzure Dockerレジストリにプッシュされたバージョン0.1のアーティファクトの例: