Jenkinsパイプラインの実行 - Cloud

クラウドのTalendソフトウェア開発ライフサイクル - ベストプラクティスガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Artifact Repository
Talend Management Console
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視

始める前に

  • アーティファクトリポジトリー(NexusまたはArtifactory)が開始していること。
  • Talend CommandLineが設定され、開始していること。
    • Talend CommandLineディレクトリーに移動し、オペレーティングシステムに応じてcommandline.batまたはcommandline-linux.shを開きます。
    • -data値を$WORKSPACE変数で編集します。これは、各Jenkinsパイプラインが独自の専用ワークスペースを使用するように指定するためです。

      Linuxの場合:

      ./Talend-Studio-linux-gtk-x86_64 -nosplash -application org.talend.commandline.CommandLine -consoleLog -data $WORKSPACE -p 8002

      Windowsの場合:

      Talend-Studio-win-x86_64.exe -nosplash -application org.talend.commandline.CommandLine -consoleLog -data $WORKSPACE -p 8002
    • Talend CommandLineを少なくとも1回開始して、ローカル.m2リポジトリーを作成し、閉じます。
      注: Talend CommandLineをサーバーとして開始する機能は非推奨となっています。

手順

  1. JenkinsのホームページからTalend_Pipelineを選択します。
  2. 左パネルで[Open Blue Ocean] (Blue Oceanを開く)をクリックします。
  3. [Run] (実行)をクリックします。
  4. リストに表示される新しい行をクリックして、パイプラインの進行状況を確認します。

タスクの結果

パイプラインが起動し、プロジェクトは定義済みのMavenフェーズに従って処理されます。ベストプラクティスは、[deploy] (デプロイ)フェーズを使用してソースコードを生成し、コンパイルしてテストし、パッケージ化してから、パッケージを展開することです。

結果は以下の場所に表示されます。

  • Jenkins内: 結果の詳細はログに表示されます。[Display the log in new window] (ログを新しいウィンドウに表示する)アイコンをクリックしてください。
    test_feature903という名前のテストの実行に成功した例:
  • Talend Cloud Management Consoleアプリケーション内:Prod環境のCIワークスペースに公開されたジョブおよびルートアーティファクトの例。
  • Nexus WebアプリケーションまたはArtifactory内:org.talend.cicdグループIDの[releases] (リリース)リポジトリーにデプロイされているバージョン0.1.0のジョブとサービスのアーティファクトの例:
  • Dockerレジストリ内: Artifactory Dockerレジストリー内にccid Dockerイメージとしてプッシュされているバージョン0.1のアーティファクト(イメージタグ)の例: