Azure DevOpsにセキュアファイルを保管 - Cloud

クラウド版Talendソフトウェア開発ライフサイクル - ベストプラクティスガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Artifact Repository
Talend Management Console
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視

Azure DevOpsでは、カスタムのMavenファイルとTalendの製品ライセンスまたはローカルパッチをセキュアファイルとして追加し、CI/CDパイプラインでこれらのファイルを使用できます。

注: Azure DevOpsへのTalend CI Builder 8.0.4以降の保存はオプションです。Talend CI Builder 8.0.4からは公式Talendリポジトリーで利用できます。このリポジトリーは、このページの[Downloads] (ダウンロード)タブで取得できるmaven_settings.xmlファイルで参照されています。

始める前に

  • このページの[Downloads] (ダウンロード)タブから次のファイルを取得します。
    • maven_settings.xml
    • sample_pom.xml
  • Talend Cloudアカウントの[Downloads] (ダウンロード)ページにある[Continuous Integration (CI) for cloud] (クラウドの継続的インテグレーション(CI))セクションから、CI Builderプラグインアーカイブを取得します。
  • パラメーター値(NexusやArtifactoryのURL、ホスト名、ポート、認証情報など)を置換してmaven_settings.xmlファイルをお使いの環境に適合させ、変更を保存します。
    ヒント: 例として提供されているXXX参照をファイル内で探し、お使いの環境に対応する値に置換します。この例はNexusに適合させてあります。Artifactoryなど別のアーティファクトリポジトリーを使用している場合は、この例をお使いのリポジトリーのURLに適合させる必要があります。

手順

  1. [Pipelines] (パイプライン) > [Library] (ライブラリー)ページで、[Secure Files] (セキュアファイル)タブに進みます。
  2. プラス記号( + )をクリックしてmaven_settings.xmlをアップロードします。
  3. アップロードが完了したら、アップロードされたファイルをクリックして[Pipeline permissions] (パイプラインの権限)を選択し、作成したAzureパイプラインがこの変数グループを使用できるようにします。
  4. プラス記号( + )をクリックしてライセンスファイルをアップロードします。
  5. アップロードが完了したら、アップロードされたファイルをクリックして[Pipeline permissions] (パイプラインの権限)を選択し、作成したAzureパイプラインがこの変数グループを使用できるようにします。
  6. プラス記号をクリックして、Talend CloudアカウントからダウンロードしたTalend-CI-Builder-Maven-Plugin-20211109_1610-V8.0.1.zip CIプラグインをアップロードします。
  7. アップロードが完了したら、アップロードされたファイルをクリックして[Pipeline permissions] (パイプラインの権限)を選択し、作成したAzureパイプラインがこの変数グループを使用できるようにします。
  8. プラス記号( + )をクリックしてazure_pom.xmlをアップロードします。
  9. アップロードが完了したら、アップロードされたファイルをクリックして[Pipeline permissions] (パイプラインの権限)を選択し、作成したAzureパイプラインがこの変数グループを使用できるようにします。