Azure DevOpsにセキュアファイルを保管 - Cloud

クラウドのTalendソフトウェア開発ライフサイクル - ベストプラクティスガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Artifact Repository
Talend Management Console
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視

Azure DevOpsでは、カスタムのMavenファイルとTalendの製品ライセンスまたはローカルパッチをセキュアファイルとして追加し、CI/CDパイプラインでこれらのファイルを使用できます。

始める前に

  • Talendヘルプセンターのこのページにある[Downloads] (ダウンロード)タブで、settings.xmlファイルを取得します。
  • パラメーター値(NexusやArtifactoryのURL、ホスト名、ポート、認証情報など)を置換してファイルをお使いの環境に適用させ、変更を保存します。
    ヒント: 例として提供されているXXX参照をファイル内で探し、お使いの環境に対応する値に置換します。この例はNexusに対応しています。Artifactoryなど別のアーティファクトリポジトリーを使用している場合は、この例をお使いのリポジトリーのURLに合わせる必要があります。

手順

  1. [Pipelines] (パイプライン) > [Library] (ライブラリー)ページで、[Secure Files] (セキュアファイル)タブに進みます。
  2. プラス記号(+)をクリックしてsettings.xmlをアップロードします。
  3. アップロード後は、アップロードしたファイルをクリックし、[Authorize for use in all pipelines] (全パイプラインでの使用を許可)チェックボックスをオンにして保存します。
  4. プラス記号(+)をクリックしてライセンスファイルをアップロードします。
  5. アップロード後は、アップロードしたファイルをクリックし、[Authorize for use in all pipelines] (全パイプラインでの使用を許可)チェックボックスをオンにして保存します。
  6. オプション: プラス記号(+)をクリックしてローカルパッチファイルをアップロードします。
  7. アップロード後は、アップロードしたファイルをクリックし、[Authorize for use in all pipelines] (全パイプラインでの使用を許可)チェックボックスをオンにして保存します。