スタンドアロンステップでTalend CommandLineをインストール - Cloud

クラウド版Talendソフトウェア開発ライフサイクル - ベストプラクティスガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Artifact Repository
Talend Management Console
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視

既存のプロジェクトやPOM生成ステップを必要としないスタンドアロンステップでTalend CommandLineをインストールできます。このオプションによってTalend CommandLineをインストール、ライセンスをアップデート、Talend Studio月次アップデートを適用することで、CIの環境を準備できるようになります。

なお、Talend CommandLineを個別にインストールできるオプションは、org.talend.ci:builder-maven-pluginの8.0.4 (R2022-04で公開)以降のバージョンで利用可能です。

以下は、Talend CommandLineのインストールとアップデートを行うコマンドの例です。このコマンドは、大半のCIステップ(プロジェクトアーティファクトのPOMファイルを生成するなど)の前に実行できます。Talend CommandLineが既にインストールされている場合は、このコマンドによってクリーンインストールが行われ、CIワークスペースディレクトリーの下にある.metadataフォルダーを削除してからを再インストールします。

# To install Talend CommandLine, its license and a monthly update
mvn org.talend.ci:builder-maven-plugin:8.0.4:install 
-Dtalend.studio.p2.base=https://update.talend.com/Studio/8/base 
-Dtalend.studio.p2.update=https://update.talend.com/Studio/8/updates/R2022-04 
-Dlicense.path=/home/talend/talend_studio/license

Talend CommandLineのインストール中に、エラーが返されるまで接続が開くのを待つタイムアウト時間(ミリ秒)を設定できます。これは、CIサーバーがすぐに応答を受け取れない場合にブロックされるのを防ぐのに役立ちます。

以下は、デフォルトである12000ミリ秒のタイムアウトでTalend CommandLineのインストールとアップデートを行うコマンドの例です。

# To install Talend CommandLine, its license and a monthly update with the default 12000 milliseconds timeout
mvn org.talend.ci:builder-maven-plugin:8.0.4:install 
-Dtalend.studio.p2.base=https://update.talend.com/Studio/8/base 
-Dtalend.studio.p2.update=https://update.talend.com/Studio/8/updates/R2022-04 
-Dlicense.path=/home/talend/talend_studio/license 
-Dinstall.org.eclipse.ecf.provider.filetransfer.httpclient4.retrieve.connectTimeout=12000 
-Dinstall.org.eclipse.ecf.provider.filetransfer.httpclient4.retrieve.readTimeout=12000 
-Dinstall.org.eclipse.ecf.provider.filetransfer.httpclient4.browse.connectTimeout=12000