データベース接続の作成 - Cloud

Talend Cloud API Services Platform入門ガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend API Designer
Talend API Tester
Talend Management Console
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

Talend Studioで再利用可能なデータベース接続を作成します。

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)[Metadata] (メタデータ)ノードを展開します。
  2. [Db Connections] (DB接続)を右クリックし、[Create connection] (接続の作成)をクリックします。
  3. 接続の名前(connection_mysqlなど)を入力します。
    Talend Management Consoleでの接続の作成に使える変数を作成できるよう、名前はconnection_で始めてください。
  4. オプション: [Purpose] (目的)[Description] (説明)を入力します。
  5. [Next] (次へ)をクリックします。
  6. データベースのタイプを[DB Type] (DBタイプ)フィールドで選択します。この例ではMySQLを選択しています。
  7. データベース情報を入力します。

    例え

  8. [Export as context] (コンテキストとしてエクスポート)をクリックし、データベース情報からコンテキスト変数を作成します。
    1. [Create a new repository context] (新しいリポジトリーコンテキストの作成)を選択し、[Next] (次へ)をクリックします。
    2. コンテキストグループの[Name] (名前)[Purpose] (目的)[Description] (説明)を入力し、[Next] (次へ)をクリックします。
    3. [Finish] (終了)をクリックします。

      例え

  9. [Test connection] (テスト接続)をクリックします。テストが成功したら[OK]をクリックして[Finish] (終了)をクリックします。
  10. [Metadata] (メタデータ) > [Db Connections] (DB接続)の順にノードを展開し、接続を右クリックして[Retrieve schema] (スキーマの取得)をクリックします。
  11. ダイアログボックスが表示されたら、デフォルト設定のままで[Next] (次へ)をクリックします。
  12. moviesテーブルを選択します。
  13. [Next] (次へ)をクリックして[Finish] (終了)をクリックします。

タスクの結果

データベースパラメーターが保存され、データベースサービスで再利用できるようになります。