ADLS Databricks Gen2ファイルに接続 - Cloud

Talend Cloud API Services Platform Studio ユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
API Services Platform
Product
Talend Cloud
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

ADLS Databricks Gen2ファイルをプロファイリングするためには、外部テーブルを作成して、パラメーターを設定する必要があります。

Before you begin

外部テーブルを作成していること。詳細は、Microsoft Azureドキュメンテーションをご覧ください。

外部テーブルは、tAzureFSConfigurationとtJavaの両コンポーネントを使って作成することもできます。

About this task

この手順はADLS Databricks Gen2特有のものです。

Procedure

  1. Databricksクラスターページの[Configuration] (設定)タブで、[Advanced options] (詳細オプション)を展開します。
  2. Sparkタブで、次のSparkプロパティを追加します。spark.hadoop.fs.azure.account.key.<storage_account>.dfs.core.windows.net <key>

    このキーは、使用するストレージアカウントに関連付けられています。このストレージアカウントの[Access keys] (アクセスキー)ブレードにあります。どのアカウントでも利用できるキーが2つあり、このアクセスにはデフォルトでどちらのキーも使用できます。

    使用するアカウントに適切な読み取り/書き込み権限とアクセス許可があることをご確認ください。