マイクロサービスルートの実行 - Cloud

Talend Cloud API Services Platform Studio ユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
API Services Platform
Product
Talend Cloud
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このセクションでは、Spring Bootベースのマイクロサービスとしてビルドされたルートを実行する方法について説明します。

.jarファイルとしてエクスポートされたルートを実行するには、コンソールウィンドウで以下の操作を行います。

  1. マイクロサービスの.jarファイルがあるディレクトリーに切り替えます。

  2. 次のコマンドを入力します。Spring Bootのプロパティの詳細は、http://docs.spring.io/spring-boot/docs/current/reference/html/common-application-properties.htmlをご覧ください。WebページにリストされているプロパティをESBマイクロサービスにすべて適用できるわけではありませんので、ご注意ください。主にTalendに含まれている機能、そしてビルドするルートによって異なります。

    java -jar <ArchiveFileName> --<SpringBootProperty>

    たとえば、次のコマンドは、ファイルProd内で設定した環境プロパティを使用して、demoRoute.0.1.jarという名前のマイクロサービスを実行します。このProdTalendのコンテキスト名でもあります。このパラメーターは複数のコンテキストプロパティの間で切り替えができるように指定する必要があります。

    java -jar demoRoute.0.1.jar --spring.config.location=classpath:config/contexts/ --spring.config.name=Prod

    デフォルトでは、マイクロサービスルートの実行中に、マイクロサービスのjarの/configフォルダーにある設定ファイルを呼び出す設定になっています。spring.config.additional-locationプロパティを使って、設定ファイルがある外部の設定フォルダーに切り替えることができます。たとえば、次のコマンドは、マイクロサービスのjarがあるディレクトリーのconfigフォルダーに入っている設定ファイルを使って、demoRoute.0.1.jarという名前のマイクロサービスを実行します。

    java -jar demoRoute.0.1.jar --spring.config.additional-location=./config

Spring Bootには、マイクロサービスの監視と対話のための組み込みエンドポイントが多数含まれています。mappingsエンドポイントを使えば、利用できる全エンドポイントのリストが表示されます。詳細は、Spring Bootのドキュメンテーションをご覧ください。

.zipファイルとしてエクスポートされたルートを実行するには、以下の操作を行います。

  1. 任意のディレクトリーで.zipファイルを展開します。

  2. <RouteName>フォルダーに移動します。ここには、外部のconfigフォルダー、Microservice.jarファイル、および開始スクリプトが含まれています。このフォルダーで、Linux (.sh)およびWindows (.bat)用のMicroserviceを開始します。

  3. configフォルダー内の設定ファイルを必要に応じて編集し、Linux上では.shファイル、Windows上では.batファイルを実行し、外部設定でマイクロサービスを開始します。