Azure Storage接続に対する認証有効化済みHTTPSプロキシの設定 - Cloud

Talend Cloud API Services Platform Studio ユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
API Services Platform
Product
Talend Cloud
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクで、既存のAzure Storage接続に対してユーザー認証が有効なHTTPSプロキシが設定されます。

このタスクについて

このタスクによって、Talend Studioは、ユーザー認証が有効になったHTTPSプロキシサーバーを介してAzure Storageに接続できるようになります。ここでは、HTTPSサーバーのアドレス、そしてプロキシサーバーで設定されたユーザー名とパスワードセットを利用できることが前提となります。

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ペインで、[Metadata] (メタデータ) > [Azure Storage] (Azure Storage)ノードと展開します。

    [Azure Storage] (Azure Storage)の下にAzure Storage接続が表示されます。

  2. Azure Storage接続を右クリックし、コンテキストメニューで[Azure Storage Connection] (Azure Storage接続)を選択します。

    [Azure Storage] (Azure Storage)ダイアログボックスが表示されます。

  3. [Azure Storage] (Azure Storage)ダイアログボックスで[Proxy Setting] (プロキシ設定)をクリックします。

    [Preferences (Filtered)] (環境設定(フィルタリング済み))ダイアログボックスが表示されます。

  4. [Enable Basic User Authentication Header] (基本ユーザー認証ヘッダーを有効化)を選択し、[General] (一般) > [Network Connections] (ネットワーク設定)を選択します。

    ダイアログボックスの右側に[Network Connections] (ネットワーク接続)ペインが表示されます。

  5. [Proxy entries] (プロキシ入力)テーブルで[HTTPS]行を選択し、[Edit...] (編集...)をクリックします。

    [Edit Proxy Entry] (プロキシ入力の編集)ダイアログボックスが表示されます。

  6. 次の設定項目を該当するフィールドに入力します。
    • [Host] (ホスト): HTTPSサーバーのIPアドレス。
    • [Port] (ポート): 使用されるポート番号。
    • [Require Authentication] (認証を使用): ユーザー名とパスワードを入力する場合はこのオプションを選択します。
    • [User] (ユーザー): 認証用のユーザー名。
    • [Password (パスワード)]: 認証用のパスワード。
  7. [OK][Apply and Close] (適用して閉じる)の順にクリックして設定を検証します。