タスクパラメーターの設定 - Cloud

Talend Cloud API Services Platform Studio ユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
API Services Platform
Product
Talend Cloud
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
タスクパラメーターを設定して、クラウドのタスクに関する情報を収集します。

このタスクについて

タスクパラメーターの値は、タスクの実行中にTalend Cloud Management Consoleによって計算されます。Studioで定義したタスクパラメーター値は、アーティファクトでは公開されません。

Talend Cloudデモプロジェクトの専用コンテキストグループ[Flow] (フロー)を使用すると、タスクパラメーターをアーティファクトにインポートできます。これには、[Contexts] (コンテキスト) > [TalendCloud] > [Flow 1.0] (フロー1.0)からアクセスします。このコンテキストグループには利用可能なすべてのタスクパラメーターが含まれています。

前提条件: コンテキストタスクパラメーターをアーティファクトにインポートするのは、以下の手順に従います。

手順

  1. Studioワークスペースで、アーティファクトの[Contexts] (コンテキスト)ビューを開きます。
    [Contexts] (コンテキスト)タブがStudioに表示されない場合は、[Window] (ウィンドウ) > [Show view] (ビューの表示) > Talend の順にクリックし、[Contexts] (コンテキスト)を選択します。
  2. アイコンをクリックして[Select Context Variables] (コンテキスト変数を選択)ダイアログボックスを開きます。
    このダイアログボックスには、Studioの[Repository] (リポジトリー)ツリービューで作成および保存されたすべてのコンテキストグループが一覧で示されます。
  3. Studioのリポジトリーからインポートするコンテキスト変数のチェックボックスをオンにして、[OK]をクリックします。
    コンテキスト変数がインポートされ、[Contexts] (コンテキスト)ビューにリスト表示されます。

  4. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで、事前定義済みジョブレットを[Job Designs] (ジョブデザイン) > [Joblets] (ジョブレット)の下の[Designer] (デザイナー)ワークスペースにドロップします。
  5. tJobLogコンポーネントをダブルクリックして基本設定ビューを開きます。
  6. [Log message] (ログメッセージ)フィールドにcontext.flowと入力し、Ctrl + スペースを押すと、挿入できるフローパラメーターのリストが表示されます。
    他のタスクパラメーターについても操作を繰り返します。
  7. Studioでアーティファクトを実行してテストします。
  8. アーティファクトをTalend Cloud Management Consoleに公開します。

タスクの結果

アーティファクトをクラウドに公開し、このアーティファクトを含むタスクを実行すると、タスクログのtJobLogコンポーネントで入力した情報を表示できます。

デフォルトでは[Task Execution ID] (タスク実行ID)および[Task ID] (タスクID)はタスクの実行ログに表示されています。