ルートレットにコード依存項目を設定 - Cloud

Talend Cloud API Services Platform Studio ユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
API Services Platform
Product
Talend Cloud
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

カスタムBean Jar、ルーチン、カスタムルーチンjarのいずれかにどの関数でも呼び出せるようにルートレットを有効にしたい場合は、ルートレットにコード依存項目(つまり、カスタムBean Jar、ルーチン、カスタムルーチンjar依存項目のいずれか)を設定する必要があります。

Talendが提供するR2021-03以降のStudio月次アップデートをインストールしている場合のみ、ルートレットにカスタムBean jarとカスタムルーチンjar依存項目を設定できます。

ルートにルーチン依存項目を設定するのと同じ方法で、ルートレットにルーチン依存項目を設定できます。詳細は、ルートにコード依存項目を設定をご覧ください。