手順3: サブスクライバテーブルの作成 - Cloud

Talend Cloud API Services Platform Studio ユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
API Services Platform
Product
Talend Cloud
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

CDCとデータ間の接続を設定するには、次の手順に従います。

手順

  1. データ接続ノードの下でCDC Foundationフォルダーを右クリックし、コンテキストメニューから[Create CDC] (CDCを作成)を選択します。[Create Change Data Capture] (CDCを作成)ダイアログボックスが開きます。
  2. [Create Change Data Capture] (CDCを作成)ダイアログボックスで、[Set Link Connection] (リンク接続を設定)フィールドの横の[...]ボタンをクリックして、CDC専用のDB接続を選択します。
    他のCDCモードもサポートするOracleなどのデータベースの場合は、この手順でデータ変更をキャプチャーするオプションとして[Trigger mode] (トリガーモード)を必ず選択してください。
  3. [Create Subscriber] (サブスクライバの作成)をクリックし、[Create Subscriber and Execute SQL Script] (サブスクライバの作成とSQLスクリプトの実行)ダイアログボックスを開きます。
  4. [Execute] (実行)をクリックして表示されているSQLスクリプトを実行し、[Close] (閉じる)をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  5. [Create Change Data Capture] (CDCを作成)ダイアログボックスで[Finish] (終了)をクリックします。
    [CDC Foundation]フォルダーに、CDCのDB接続とサブスクライバテーブルスキーマが表示されます。