手順3: Oracleの再実行/アーカイブログモードで変更を取得して処理 - Cloud

Talend Cloud API Services Platform Studio ユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
API Services Platform
Product
Talend Cloud
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

変更されたデータを取得するには、次の手順を実行してCDCとデータ間の接続を定義します。

手順

  1. 関連するCDC Foundationフォルダーを右クリックし、監視対象のOracleデータベースとの接続に進みます。
  2. [Create CDC] (CDCを作成)を選択して、[Create Change Data Capture] (CDCを作成)ダイアログボックスを開きます。
  3. [Set Link Connection] (接続リンクの設定)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、CDCに対応する接続を選択します。その後、Oracleのユーザー、この例ではpublisherを定義します。このユーザーは変更を保存する変更テーブルを作成し、ソーステーブルの変更キャプチャーを有効にします。
  4. [Options] (オプション)エリアで、変更をキャプチャーするためのオプションとして[Log mode] (ログモード)を選択します。
  5. [Create Subscriber] (サブスクライバの作成)をクリックします。[Create Subscriber and Execute SQL Script] (サブスクライバの作成とSQLスクリプトの実行)ダイアログボックスが表示されます。
  6. [Execute] (実行)をクリックし、さらに[Close] (閉じる)をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  7. [Create Change Data Capture] (CDCを作成)ダイアログボックスで[Finish] (終了)をクリックします。

タスクの結果

CDC Foundationフォルダーに、サブスクリプションテーブルスキーマが表示されます。また、ソーステーブルの変更キャプチャーが有効であることを示すアイコンも表示されます。