try - Cloud

Talend Cloud API Services Platform Studio ユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
API Services Platform
Product
Talend Cloud
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このリンクは、とりわけcTryコンポーネントを受信コンポーネントに接続し、ルートの一部でエラーを処理できるようにします。

エラーが発生し得るルートの部分を特定するために、cTryコンポーネントとその[try]リンクを使用して、Tryブロックにそれを配置します。ルートでエラーが発生して特定されると、Tryブロックの直後にCatchブロックがなければ、エラーはエラーハンドラーに送信されます。詳細は、以下のcatchセクションをご覧ください。