Beansの使用 - Cloud

Talend Cloud API Services Platform Studio ユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
API Services Platform
Product
Talend Cloud
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

Talend Studioでは、ルートのMediationコンポーネントで容易に呼び出すことができるJava Beansを作成できます。これを使用することで、ライブラリー、コンポーネント、アプレットやその他のクラスを容易に再利用できるようになります。

Beansは、[Repository] (リポジトリー)[Code] (コード)ノードの下に保存されます。

注:

[Spring]タブでBeansを定義し、それをルートで使用することもできます。[Spring]タブの詳細は、Spring設定の使用をご覧ください。