ルート内でCamelコンポーネントを使用 - Cloud

Talend Cloud API Services Platform Studio ユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
API Services Platform
Product
Talend Cloud
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

Camelコンポーネントは、camel-mina、camel-http4など多数のコンポーネントがサポートされていますが、[Palette] (パレット)には直接含まれていません。これらのコンポーネントを使用するには一般的なcMessagingEndpointが必要であり、ルートにそれらのライブラリーを追加する必要があります。Talend Studioより以前に公開されたすべてのバージョンのCamelコンポーネントがサポートされます。

デフォルトで、この機能はTalend Studioと共には出荷されていません。機能マネージャーを使ってインストールする必要があります。 詳細は、機能マネージャーを使って機能をインストールをご覧ください。

警告:

ルート内でCamel外部コンポーネントを使用するプロセスは、ジョブ内で外部コンポーネントまたはユーザーコンポーネントを使用するプロセスとは異なります。ジョブ内で外部コンポーネントまたはユーザーコンポーネントを使用する方法については、ユーザーコンポーネントフォルダーを定義する方法(Talend > コンポーネント)をご覧ください。

次のスクリーンショットは、camel-minaコンポーネントが使用されているサンプルを示します。

ルートにcamel-minaのライブラリーを追加するために、同じcMessagingEndpointコンポーネントを使用して、[Advanced settings] (詳細設定)ビューの[Dependencies] (依存項目)リストにminaを追加できます。

また、[cConfig]を使用してcamel-minaのライブラリーを[cConfig]コンポーネントの[Dependencies] (依存項目)リストに追加できます。

Camelコンポーネントの実際のユースケースは、データサービスとルーティングの例をご覧ください。