Talend Studioに外部ファイルを追加 - Cloud

Talend Cloud Big Data Studio ユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Big Data
Product
Talend Cloud
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
アーティファクトのコンテキストパラメーターを使用してWebユーザーがタスク実行時に外部ファイルを使用できるようにできます。

始める前に

  • Studioにアーティファクトが開き、デザインワークスペースの下の[Contexts] (コンテキスト)タブが選択されます。

    このタブがStudioに表示されない場合は、[Window] (ウィンドウ) > [Show view] (ビューの表示) > Talend の順にクリックし、[Contexts] (コンテキスト)を選択します

このタスクについて

一例として、xlsxファイルから顧客レコードをインポートするアーティファクトを作成します。

手順

  1. [Contexts] (コンテキスト)タブビューの下部の[ + ]ボタンをクリックして、テーブルにパラメーター行を追加します。
  2. [Name] (名前)フィールドにresource_file_<parameter_name>というパターンに続くコンテキストパラメーターをすべて小文字で定義します。
    [customers] (顧客) ファイルからデータを取得する場合、この例ではresource_file_customersを使用します。
  3. パラメータータイプを[String] (文字列)に設定します。
  4. [Value] (値)フィールドで、システムにローカルに保管されているファイルへのパスを設定します。
  5. tFileInputExcelコンポーネントをダブルクリックして、基本設定を開き、スキーマを定義し、ファイル名をコンテキストパラメーターcontext.resource_file_customersとして定義します。

  6. Studioでアーティファクトを実行してテストします。
    メッセージが表示されたら、customersファイルへのパスを設定します。

    顧客レコードはxlsxファイルからインポートされます。

  7. [Repository] (リポジトリー)ツリービューでアーティファクトを右クリックし、[Publish to Cloud] (クラウドに公開)を選択します。