ライブラリーの環境設定のためのアーティファクトリポジトリー - Cloud

Talend Cloud Big Data Studio ユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Big Data
Product
Talend Cloud
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

Talend Studioの起動時にローカルライブラリーリポジトリーにライブラリーを共有するかどうかを設定できます。Talend Studioの環境設定を定義して、アーティファクトリポジトリーサーバー上のカスタムライブラリーのアップデート状況をチェックできます。

手順

  1. メニューバーで、[Window] (ウィンドウ) > [Preferences] (環境設定)の順にクリックし、[Preferences] (環境設定)ダイアログボックスを開きます。
  2. Talend[Artifact Repository] (アーティファクトリポジトリー)ノードの順に展開し、[Libraries] (ライブラリー)をクリックして関連するビューを表示します。
  3. 必要に応じて[Share libraries to artifact repository at startup] (起動時にアーティファクトリポジトリーにライブラリーを共有)チェックボックスをオンにすれば、Talend Studioの起動時にローカルライブラリーリポジトリーにライブラリーを共有できます。

    ライブラリーをローカルライブラリーリポジトリーに共有したい場合は、お使いの管理システム(クラウドであればTalend Cloud Management Console、オンプレミスであればTalend Administration Center)で最初にリポジトリーを設定する必要があります。詳細は、Talend Cloud Management Consoleでアーティファクトリポジトリーを設定またはユーザーライブラリーロケーションを設定をご参照ください。

    デフォルトでは、Talend Studioの起動時のパフォーマンスが改善されるよう、[Share libraries to artifact repository at startup] (起動時にライブラリーをアーティファクトリポジトリーに共有)チェックボックスはオフになっています。[Modules] (モジュール)ビューでをクリックしてTalend Studioを起動すれば、ライブラリーを共有できるようになります。詳細は、外部モジュールをインストールをご覧ください。

  4. [Jars check frequency] (Jarの確認頻度)フィールドで、必要に応じてTalend Studioにアップデートをチェックさせる頻度を指定します。
    • -1 Talend Studioでアップデート状況をまったく確認しないように設定する場合。

    • 0 Jarを必要とするアクションでTalend Studioがアップデート状況を確認するように設定する場合。たとえば、Studioからジョブがビルドまたは実行された場合など。

    • 2回の確認の間の日数。

  5. [Apply] (適用)をクリックして変更を適用し、[Apply and Close] (適用して閉じる)をクリックして設定を確定し、[Preferences] (環境設定)ダイアログボックスを閉じます。