Cassandraデータベースに接続を作成 - Cloud

Talend Cloud Big Data Studio ユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Big Data
Product
Talend Cloud
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)ノードを展開し、[NoSQL Connection] (NoSQL接続)を右クリックして、コンテキストメニューから[Create Connection] (接続の作成)を選択します。接続ウィザードが開きます。
  2. 接続ウィザードで、[Name] (名前)[Purpose] (目的)[Description] (説明)など、作成に必要な接続の一般的なプロパティを入力します。
    [Description] (説明)フィールドに入力した情報は、接続にマウスのポインターを移動すると、ツールチップとして表示されます。
    終了したら、[Next] (次へ)をクリックして次の手順に進みます。
  3. [DB Type] (DBタイプ)リストから[Cassandra]を選択して、[DB Version] (DBバージョン)リストから接続先のデータベースのCassandraのバージョンを選択して、以下の詳細を指定します:
    • [Server] (サーバー)フィールドにCassandraサーバーのホスト名またはIPアドレスを入力します。

    • [Port] (ポート)フィールドにCassandraサーバーのポート番号を入力します。

      ウィザードにより、ポートを指定することなくCassandraデータベースに接続できます。ここで指定したポートは、この一元化された接続からデザインワークスペースにドロップするCassandraコンポーネントでのみ使用されるものです。

    • Cassandra接続を特定のキースペースのみに制限する場合、[Keyspace] (キースペース)フィールドにキースペースを入力します。

      このフィールドをブランクのままにすると、スキーマを取得する際にウィザードは接続されたデータベースの既存の全キースペースのカラムファミリーをリストします。

    • [Datacenter] (データセンター)フィールドにCassandraデータセンターの名前を入力します。
    • Cassandraサーバーでデータベースアクセスの認証が必要な場合、[Require authentication] (認証を使用)チェックボックスをオンにして、対応するフィールドにユーザー名とパスワードを入力します。

  4. [Check] (確認)ボタンをクリックし、接続が機能していることを確認します。
  5. [Finish] (終了)をクリックして設定を確定します。
    [Repository] (リポジトリー) ツリービューの[NoSQL connections] (NoSQL接続)ノードの下に新しく作成したCassandraデータベース接続が表示されます。ここでこれをCassandraコンポーネントとしてデザインワークスペースにドロップすることはできますが、必要に応じてスキーマ情報を定義する必要があります。
    次に、接続用にスキーマを1つまたは複数取得する必要があります。