項目のエクスポート - Cloud

Talend Cloud Big Data Studio ユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Big Data
Product
Talend Cloud
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

このタスクについて

複数の項目をリポジトリーからディレクトリーまたはアーカイブファイルにエクスポートできます。そのため、DB接続またはドキュメンテーションのようなメタデータ情報をたとえば、ジョブと共にエクスポートできます。この操作は次の手順で行います。

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで、エクスポートする項目を選択します。
  2. 同時に複数の項目を選択するには、Ctrlキーを押して適切な項目を選択します。
    警告: データベーステーブルのメタデータエントリーをエクスポートする場合、関連するテーブルのみではなく、DB接続全体を選択します。そうしないと、エクスポートプロセスが正しく完了しません。
  3. Ctrlキーを押しながら右クリックし、ポップアップメニュー上の[Export items] (項目のエクスポート)を選択します。

    必要に応じて、ツリー上の項目を追加選択してエクスポートできます。

  4. [Browse] (参照)をクリックして、エクスポート項目を保存する場所まで移動します。または、選択した全項目のファイルを圧縮するアーカイブファイルを定義します。
    注: 同じ項目に複数のバージョンがある場合には、これらはすべてエクスポートされます。
  5. エクスポートする項目と共に依存項目も設定してエクスポートする場合は、[Export Dependencies] (依存項目をエクスポート)チェックボックスをオンにします。デフォルトで、このチェックボックスは選択済みです。

    ユーザールーチンはすべてデフォルトで選択済みです。ルーチンの詳細は、ルーチンとはをご覧ください。

  6. [Finish] (終了)をクリックしてダイアログボックスを閉じ、項目をエクスポートします。