ジョブでのVMメモリの制限指定 - Cloud

Talend Cloud Big Data Studio ユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Big Data
Product
Talend Cloud
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

Talend Studioでは、ジョブを実行する前に自分のニーズに合わせて現行のJVMのパラメーターを定義できます。

デフォルトのパラメーターである-Xms256M-Xmx1024Mは、ジョブの実行に予約された最低メモリと最大メモリのサイズに対応しています。自分のニーズに合わせてこれらのパラメーターを編集します。

Talend Studioでのこれらパラメーターを全体的に指定する場合は、デバッグとジョブ実行の環境設定(Talend > 実行/デバッグ)をご覧ください。

手順

  1. [Run] (実行)ビューの[Advanced settings] (詳細設定)タブで、[Use specific JVM arguments] (特定のJVM引数の使用)チェックボックスをオンにします。
  2. [New] (新規)ボタンをクリックし、[Set the VM Argument] (VMの引数の設定)ダイアログボックスが開いたら、使用する引数を入力します。
    たとえばExcelファイルを扱うジョブを正しく実行できるよう、-Xmx8192Mを指定してVMの最大メモリを8GBに増やします。
  3. [OK] をクリックして、この引数を追加します。