Talend Cloud機能アーキテクチャー - Cloud

Talend Cloud Big Data Studio ユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Big Data
Product
Talend Cloud
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発

Talend Cloud機能アーキテクチャーの図は、2つの主要部分に分かれています: ローカルネットワークとクラウドインフラストラクチャーという2つの主要な部分に分かれています。

ローカルネットワーク

ローカルネットワークには、Webブラウザー、Talend Studio、およびRemote EngineとRemote Engine Gen2のいずれかが含まれています。

  • Webブラウザーから、さまざまなクラウドアプリケーションにアクセスできます。

  • Talend Studioでは次の操作が可能です。
    • データ統合ジョブをタスクとしてTalend Cloud Management Consoleに公開し、Webユーザーが利用できるようにして、クラウドで実行します。
    • tDatasetInput、tDatasetOutput、tDataprepRunの各コンポーネントを使って、Talend Cloud Data Preparationの機能を利用する。さまざまなデータセットからデータセットを作成してTalend Cloud Data Preparationにエクスポートしたり、データ統合ジョブまたはSparkジョブでプレパレーションを直接利用したりできます。
    • tDataStewardshipTaskOutput、tDataStewardshipTaskInput、tDataStewardshipTaskDeleteのジョブを使用して、Talend Cloud Data Stewardshipで作成されたキャンペーンのタスクを読み込み、取得、または削除します。
  • Talend Remote Engineは、オンプレミスでのジョブ、タスク、プレパレーションの実行に使用されます。Remote Engine Gen2は、あらゆる場所(オンプレミスまたは仮想プライベートクラウド)でのパイプラインの実行に使用されます。

クラウドインフラストラクチャー

クラウドインフラストラクチャーには、クラウドアプリケーションとCloud Engineが含まれます。
  • Talend Cloud Management Consoleでは、ロール、ユーザー、プロジェクト、およびアクセスライセンス情報を管理できます。クラウドアプリケーションの新しいユーザーを作成し、カスタムグループに割り当てます。その後、ロールを決定し、ユーザーに割り当てることができます。Talend Cloud Management Consoleは、Talend Studioライセンスファイルを保存し、Studioで共同作業するプロジェクトを作成できます。加えて、Webユーザーのデータおよびファイル転送、データ統合、および共有データソースへのアクセスを有効にできます。たとえば、アプリケーション間のデータ交換と同期を自動化する、設定済みのサンプルタスクまたはデザインタスクをインポートして使用できます。
  • Talend Cloud Pipeline Designerでは、保存データや実行データの処理、エンリッチ化、変換を行うため、複雑なエンドツーエンドのパイプラインをデザインできます。これらのパイプラインは、組み込みのCloud Engine for Design、またはVirtual Private CloudやオンプレミスにインストールされているRemote Engine Gen2を使って実行できます。
  • Talend Cloud Data Preparationでは、ローカルファイルやその他のソースからデータをインポートし、新しいプレパレーションを作成することでクレンジングまたはエンリッチ化できます。
  • Talend Cloud Data Stewardshipでは、キャンペーン所有者はデータ資産を管理し、データのキュレーション、調停、検証に関する共同作業が必要な場合にデータのやり取りを整理します。

Cloud Engineは、クラウドのアーティファクト、タスク、プレパレーション、パイプラインを実行するために使用されます。