プロジェクト項目のバージョンをアップグレード - Cloud

Talend Cloud Big Data Studio ユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
EnrichDitaval
Big Data
Product
Talend Cloud
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Talend Studioでは、[Repository] (リポジトリー)ツリービューで各項目のバージョンをアップグレードできます。

手順

  1. Studioのメインウィンドウのツールバーでをクリックするか、メニューバーで[File] (ファイル) > [Edit Project Properties] (プロジェクトプロパティを編集)の順にクリックして、[Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスを開きます。
  2. [General] (一般) > [Version Management] (バージョン管理) > [Upgrade] (アップグレード)をクリックして、対応するビューを開きます。
  3. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで、バージョンを管理する項目が含まれているノードを展開し、その項目のチェックボックスをオンにします。
    選択された項目が右の[Items] (項目)リストに表示されます。その横のVersionカラムには現在のバージョンが、New Versionカラムには設定された新しいバージョンがそれぞれ表示されます。
  4. 必要に応じて変更します。
    • [Options] (オプション)エリアで[Change all items to a fixed version] (すべての項目を一定のバージョンに変更)オプションを選択し、選択された項目のバージョンを一定のバージョンに変更します。

    • 変更を取り消す場合は、[Revert] (戻す)をクリックします。

    • 選択された項目に依存する項目をすべて同時にアップデートする場合は、[Select all dependencies] (すべての依存項目を選択)をクリックします。

    • 選択された項目に依存するサブジョブをすべて同時にアップデートする場合は、[Select all subjobs] (すべてのサブジョブを選択)をクリックします。

    • 項目の各バージョンを高くするには、[Update the version of each item] (各アイテムのバージョンを更新)オプションを選択し、手動で変更します。

    • どのように更新されるかにかかわらず、バージョン化されるtRunJobで、現在のバージョンの父親ジョブが現在のバージョンの子のジョブを引き続き使用するようにする場合は、[Fix tRunjob versions if Latest] (最新の場合はtRunjobのバージョンを同一にする)チェックボックスをオンにします。たとえばtRunJobによって、父親と子の両方のレベルで、現在のバージョン1.01.1に更新されます。このチェックボックスをオンにすると、父親ジョブ1.0は、アップデートが完了した時の最新バージョン(バージョン1.1など)ではなく、引き続き子ジョブ1.0を使用します。

      警告: このチェックボックスを使用するには、バージョン化されるtRunjobで、父親ジョブが現在のバージョンとして最新バージョンの子ジョブを使用していることが必要です。この最新バージョンは、子ジョブの[Component] (コンポーネント)ビューにあるドロップダウンバージョンで[Latest] (最新)オプションを選択して取得します。
  5. [Apply and Close] (適用して閉じる)をクリックして変更を適用し、ダイアログボックスを閉じます。